食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

豚肉はスソ物中心に底堅い、輸入物タイトで国産へのシフトも

 新型コロナウイルスは再拡大の局面となっており、大阪では感染者数が連日過去最高を更新。東京でも日に日に急増している状況にある。大阪をはじめとした近畿、宮城などに続いて東京でもまん延防止等重点措置が適用されたが、大阪や東京では三たび緊急事態宣言が発令される見通しとなった。今月末からはゴールデンウイークに突入するが、外出や往来の自粛が求められる中で昨年同様、ことしも行楽需要などは望めない。半面、買い物頻度を減らすことなども求められており、巣ごもりによる内食需要は昨年ほどではないにしても堅調な推移が予想される。
 今月に入り、新年度や月替わりの手当てなどもあり、豚枝肉相場は前月と比べて強含みで推移。月前半の東京食肉市場の上物相場は500円前後の展開となった。一方、全国と畜頭数はおおむね6万5千頭前後で推移しており、決して多くはないものの、極端に少ないわけでもない。
 そうした中で相場を下支えしているのが、引き続き比較的底堅い内食需要だ。普段使いの切り落としやひき肉などのアイテムに向けたスソ物を中心に引き合いは強い。とはいえ、昨年の同時期のような異常な巣ごもり需要があるわけではなく、また例年のようにゴールデンウイークに向けた行楽需要などもみられない中、実需に比較して上物価格は高値で推移。上中価格差は開き気味であり、一部銘柄豚が価格を押し上げたものの、実際の荷動きは相場とかい離しており、前週後半からは軟調な展開になっている。
 ただ、輸入豚肉が北米からの通関遅れの影響などもあってタイトな需給が継続していることもあり、一部では国産で手当てするケースなどもみられる。また、ここへきて豚熱が群馬や三重、栃木などで続発。現時点で供給面などでの影響は限定的であるものの、これから夏場に向けては徐々に出荷頭数が減少傾向となる時期であり、今後の発生次第では需給に影響を与える可能性も出てくる。

◆行政・統計

肉牛・豚の経営体数5年前から2割超減—20年センサス

肉牛・豚の経営体数5年前から2割超減—20年センサス

 農水省はこのほど、2020年農林業センサス結果の概要(確定値)を取りまとめ、公表した。それによると、令和2年2月1日現在で、全国の肉用牛飼養経営体数は4万78経営体となり、5年前に比べ21.4%(1万896経営体)減、飼養頭数は225万8...
More

◆トレンド

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

 ゴールデンウイークを前に、新型コロナウイルス感染拡大に伴い3度目の緊急事態宣言が発令され、外出自粛、飲食店の休業などの動きが強まり、ことしの連休も観光や行楽需要は見込めない。末端消費は巣ごもり消費を余儀なくされ、量販店向け主体の国産鶏肉の...
More

◆国内外の団体

[豚肉需給動向・3月]推定出回り量は前年比6.9%増

[豚肉需給動向・3月]推定出回り量は前年比6.9%増

 農畜産業振興機構が発表した3月分の豚肉需給動向によると、推定出回り量は15万5,103t(前年同月比6.9%増)と前年を上回った。このうち、国産品は8万2,627t(6.6%増)、輸入品は7万2,476t(7.2%増)と、ともに増加した。
More

◆製品

More
Return Top