食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

コンビニ4社で「てまえどり」の取組開始、食品ロス削減へ 

 農水省は1日から、食品ロス削減に向け、日本フランチャイズチェーン協会、消費者庁、環境省と連携して、小売店舗が消費者に対して、商品棚の手前にある商品を選ぶ「てまえどり」を呼びかける取り組みを開始した。
 食品産業から発生する食品ロス削減のためには、食品事業者だけではなく、小売店舗などを利用する消費者の理解と、協力が不可欠である。購入してすぐに食べる場合には、商品棚の手前にある商品など、販売期限の迫った商品を積極的に選ぶ「てまえどり」を行ってもらうことで、販売期限が過ぎて廃棄されることによる食品ロスを削減する効果が期待される。協会加盟のコンビニエンス.ストア4社で啓発物を商品棚に啓示するなど、買い物をする人へ周知を行うほか、ホームページ上で啓発物の提供を行う。

◆行政・統計

More

◆トレンド

令和3年度7〜9月期の配合飼料価格は4,700円値上げ

令和3年度7〜9月期の配合飼料価格は4,700円値上げ

 全国農業協同組合連合会(JA全農)は、令和3年7〜9月期の配合飼料供給価格について、同年4〜6月期に対して全国全畜種総平均1tあたり4,700円値上げすることを決定した。改定額は地域別・畜種別・銘柄別に異なる。 全農による飼料情勢および値...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top