食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

市場機能維持へ緊急提言、業務筋卸の窮状訴え支援要請—自民党議連

 自民党の卸売市場議員連盟(森山裕会長)代表団は8日、農水省を訪れ、野上浩太郎農水大臣に対し「卸売市場の機能の維持に関する緊急提言」を提出。卸売市場の重要性と業務筋を取引先とする事業者の窮状を訴え、(1)月次支援金の要件緩和および給付額の引き上げ(2)地方創生臨時交付金を活用した卸売市場の機能維持に対する支援の強化等(3)市場関係事業者の金融相談に対するキメ細やかな対応(4)新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた業種に対する総合的な支援の実施—–を要請した。
 卸売市場は集荷・分荷、価格形成、代金決済などの調整機能をもつ生鮮食料品等の流通の基幹インフラであり、また、市場関係事業者はコロナ禍で、日々の食料安定供給を担うエッセンシャルワーカーとして重要な役割を果たしている。しかし、今回の緊急事態宣言では、新たに「酒類を提供する飲食店」に休業要請が行われている中で、いわゆる業務筋(飲食店に納入)を取引先とする業者を中心に、これまで以上に厳しい状況にある。卸売市場の調整機能は多種多様な機能・流通ルートをもつ市場関係事業者が存在することで維持されるものであり、仮に業務筋の取引を行う事業者が経営破たんすることになれば、代払い・精算組織など市場の決済機構の棄損など、その影響は当該事業者の取引先にとどまらず、卸売市場の機能崩壊に直結し、消費者、産地の農業者などの経営にも多大な影響が生じる。このような事態を回避し、国民の食生活の安定を確保するため、市場関係事業者の事業継続を支援し、卸売市場の調整機能を維持する観点から、補正予算を含む必要な予算措置を講じるよう求め、次の内容を提言したもの。

◆行政・統計

More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

国産純粋種豚改良協議会、認定銘柄豚ロゴマークを決定

国産純粋種豚改良協議会、認定銘柄豚ロゴマークを決定

 国産純粋種豚改良協議会はこのほど、同協議会認定銘柄豚ロゴマークのデザインを発表した。この認定は純粋種豚の能力向上と普及促進のため、同協議会会員が日本において改良を行い、血統を明確に管理した種豚を使って生産された豚肉に与えられるもの。 昨年...
More

◆製品

フリーデン、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現

フリーデン、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現

 養豚から豚肉の加工・流通をはじめ飲食までを一貫経営で展開する(株)フリーデンはこのほど、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現した。同社はSDGs(持続可能な開発目標)の取り組みを積極的に推進している。中でも「食品ロス削減」の課題に...
More
Return Top