食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

米国産牛肉SG見直し協議、期限過ぎるも議論継続—農水省

 野上浩太郎農水大臣は18日、閣議後会見で、日米貿易協定に基づく牛肉セーフガード(SG)発動基準の見直しに向けた米国との協議は90日の期限が過ぎたところだが、今後の見通しについて問われ「現在事務レベルでセーフガード発動に至った要因や、わが国の牛肉消費量、輸入量分析などについて断続的にやりとりを行っている。引き続き両国政府間で議論を継続していく」とし、内容の詳細については差し控えるとした上で「農水省として協議の結果を予断せず、関係省庁と連携し、国内関係者の理解を得られるようにしっかりと臨んでいく」と説明した。
 また、「みどりの食料システム戦略」に関する今後の方針についても質問され、今後閣議決定される見通しの骨太の方針、成長戦略に「みどりの食料システム戦略」が位置付けられるとした上で「戦略の実現に向け、法制化も含めて検討を加速するよう事務方に指示をしている。どのような措置が必要かについてもこれから精査していく」とした。

◆行政・統計

More

◆トレンド

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

 横浜食肉市場第1回北海道フェア(共進会)が19日、同市場で開かれた。初の北海道フェアは新しい共進会を企画することで横浜市場の魅力を対外的に伝えることを目的とし、今後も九州などの共進会も視野に入れて、さらに市場のPRを図っていく。和牛と交雑...
More

◆国内外の団体

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

 横浜食肉市場第1回北海道フェア(共進会)が19日、同市場で開かれた。初の北海道フェアは新しい共進会を企画することで横浜市場の魅力を対外的に伝えることを目的とし、今後も九州などの共進会も視野に入れて、さらに市場のPRを図っていく。和牛と交雑...
More

◆製品

More
Return Top