食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

米国産牛肉SG見直し協議、期限過ぎるも議論継続—農水省

 野上浩太郎農水大臣は18日、閣議後会見で、日米貿易協定に基づく牛肉セーフガード(SG)発動基準の見直しに向けた米国との協議は90日の期限が過ぎたところだが、今後の見通しについて問われ「現在事務レベルでセーフガード発動に至った要因や、わが国の牛肉消費量、輸入量分析などについて断続的にやりとりを行っている。引き続き両国政府間で議論を継続していく」とし、内容の詳細については差し控えるとした上で「農水省として協議の結果を予断せず、関係省庁と連携し、国内関係者の理解を得られるようにしっかりと臨んでいく」と説明した。
 また、「みどりの食料システム戦略」に関する今後の方針についても質問され、今後閣議決定される見通しの骨太の方針、成長戦略に「みどりの食料システム戦略」が位置付けられるとした上で「戦略の実現に向け、法制化も含めて検討を加速するよう事務方に指示をしている。どのような措置が必要かについてもこれから精査していく」とした。

◆行政・統計

More

◆トレンド

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

 8月は旧盆商戦を控える需要期だが、国産牛枝肉相場は低迷しており、部分肉の動きも不活発だ。輸入ビーフについても、荷動きがない中で海外の需要の高まりを受けて高騰しており、わが国の購買力では対抗がむずかしくなっている。コロナ感染者数も再び増加し...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

 日本ハムは20日、「ミニハットグチーズ入り400gジッパー付き」を新発売した。新型コロナウイルス感染症の影響で内食が増えたことにより、買い置きや、まとめ買いする消費者が増え、大容量パックの需要が高まっている。また、海外への旅行や外食を控え...
More
Return Top