食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

エスフーズ姫路、和牛マスター食肉Cがコロナワクチンの職場接種開始

 エスフーズ姫路支店(兵庫県姫路市)は26日から1千人規模の新型コロナウイルスワクチンの職場接種をスタートする。隣接する和牛マスター食肉センターの会議室などを活用して行う。
 コロナ感染により、と畜関連業務に支障をきたすことを予防するためのもので、まずは姫路支店の社員のほか、同社関連会社、和牛マスター食肉センター関係者、県内生産者らを対象に取り組み、西宮本社の社員などに広げていく。毎週土曜日に100人ずつ実施し、8月21日には2回目の接種を完了する予定。接種場所には会議室と食堂を用いる。26日の最初の実施日を前に現在、会場設営を進めている。室内が密集せず、互いに接触しないよう一連の導線を設け、接種後15分間の待機スペースも用意する。接種は姫路市のエスフーズ産業医が行う。

◆行政・統計

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

 改正農林水産物・食品輸出促進法(改正輸出促進法)が19日、本国会で成立した。今回改正された改正輸出促進法に基づき、輸出実行戦略で定める輸出重点品目について、生産から販売に至る関係事業者を構成員とし、この品目についてオールジャパンによる輸出...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

 日本食肉流通センターは17日、このほど営業開始した同センターG棟3階大会議室で令和4年度第1回研修会を開催した。研修会では財務省主税局税制第二課消費税担当係長の島田力也氏が「消費税の適格請求書等保存方式(インボイス制度)」について講演した...
More

◆製品

More
Return Top