食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

輸出実行戦略フォローアップ説明会、品目団体組織化し—層拡大へ

 農水省は15日、輸出実行戦略フォローアップに関するオンライン説明会を、関係団体・企業などを対象に開催した。農林水産物・食品の輸出額を2025年2兆円、30年に5兆円を目ざす目標の達成は、海外市場で求められるスペック(量・価格・品質・規格)の産品を専門的・継続的に生産・販売するマーケットインの体制整備が不可欠。このため政府は昨年12月にまとめた輸出拡大実行戦略から、さらにヒアリングなどで明らかになった課題、またその対応などをフォローアップとして整理。①日本の強みを最大限に発揮するための取り組み②マーケットインの発想で輸出にチャレンジする事業者の支援③政府一体となった輸出の障害の克服—–の3つの基本的な考え方を示し、具体的な施策、新たな体制整備の検討を進めている。説明会では、農水省が関係団体・企業などに実行戦略およびフォローアップの概要や趣旨などを説明し、質疑応答を行った。

◆行政・統計

More

◆トレンド

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

 横浜食肉市場第1回北海道フェア(共進会)が19日、同市場で開かれた。初の北海道フェアは新しい共進会を企画することで横浜市場の魅力を対外的に伝えることを目的とし、今後も九州などの共進会も視野に入れて、さらに市場のPRを図っていく。和牛と交雑...
More

◆国内外の団体

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

 横浜食肉市場第1回北海道フェア(共進会)が19日、同市場で開かれた。初の北海道フェアは新しい共進会を企画することで横浜市場の魅力を対外的に伝えることを目的とし、今後も九州などの共進会も視野に入れて、さらに市場のPRを図っていく。和牛と交雑...
More

◆製品

More
Return Top