食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

輸入鶏肉が強気に、タイ産減少・先高感強まり確保の動き

 輸入チキンの市中相場は、タイ産を確保する動きが強まり、ブラジル産も巻き込む形で全体的に強含みとなっている。タイで新型コロナウイルスの感染が拡大し、食鳥処理工場などの生産に影響を及ぼし減産となっており、日本向けの供給が少なくなっている。加えて飼料価格の高騰によるコスト高、中国などの買い付けも強く、現地オファーは強気が止まらない。こうした中、先高感と今後の供給減への懸念から、いまある国内在庫を確保する動きが強まり、相場を押し上げた。いまや市中に浮遊玉は見当たらず、相場がたたないとの声もきかれる。ブラジル産もタイほどではないが、現地オファーは高値が続いており、以前から先高感は強い。これまでも日本国内の需要が上向き、荷動きが出てきたときに市中相場は強含みとなった。ただ、ここにきてタイ産が品薄。代替でブラジル産への引き合いも強まり、末端需要の動きとは別の要因で相場は堅調な展開となってきている。

◆行政・統計

令和2年農業総産出額8兆9千億円、豚肉価格上昇などで0.4%増

令和2年農業総産出額8兆9千億円、豚肉価格上昇などで0.4%増

 農水省はこのほど、令和2年農業総産出額および生産農業所得(全国)を公表した。これによると、農業総産出額は近年、米、野菜、肉用牛などにおける需要に応じた生産の取り組みが進められてきたこと等を主な要因として増加傾向で推移してきた。令和2年は肉...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

 食物アレルギー配慮商品をもつ食品メーカー(オタフクソース、ケンミン食品、永谷園、日本ハム、 ハウス食品)は、「食物アレルギーの有無にかかわらず、みんなで食事をおいしく楽しめる社会の実現」に貢献することを活動理念とし、食物アレルギー配慮商品...
More
Return Top