食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

牛肉は実需と乖離(かいり)した高値も、輸入ビーフも高値維持

 緊急事態宣言とまん延防止等重点措置が解除されたことで、関係者の期待は高まっている。現状、末端からのオーダーは入っているが、まだ月前半のため、補充仕入れと区別がつかない面もある。一方、制限が緩和された飲食店からのオーダーは明らかに増えているというが、これが一過性にとどまるか拡大するかは、もよう眺めの状況。10月に入ったがまだ気温は高く、前半は焼き材を中心に動きがありそうだ。後半にかけてスライス物も動き始めるだろう。現状まだロイン系は厳しく、低価格商品中心の荷動きが続くか。カタロースの消費は気温の低下に合わせてロースの代替需要から上向きそうだ。
 これから年末商戦に入る中で、徐々に需要が拡大するならば、関係者にとっては国産牛肉相場の行方も気になるところだ。末端の荷動きがそこまで回復しない中で、見込み仕入れが先行し、高値になる可能性もある。輸入ビーフでは、慢性的な入船遅れの中、米国内の人員不足や需要の強さを受けて米国産が高値で推移し、合わせて豪州産も高値となっている。ニーズ自体はそこまで強まっていないが、調達難から高値を維持するもよう。このような中、日本市場からの買いは弱い。少なくとも10月中、この状況は変わらないだろう。

◆行政・統計

More

◆トレンド

鶏肉マーケット Xマス控え相場高、リベンジ消費の追い風

鶏肉マーケット Xマス控え相場高、リベンジ消費の追い風

 東京の食品スーパー、アキダイの秋葉弘道社長がテレビのニュースでぼやいていた。「クリスマス用にタイ産のチキンレッグを仕入れようとしたら、問屋にことしは無理といわれた」と。 もっとも秋葉社長は、夏の天候不順で野菜が値上がりすればインタビューを...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが羊肉セミナー、ブランディングやラムの魅力を紹介

日本ハムが羊肉セミナー、ブランディングやラムの魅力を紹介

 日本ハムは19日、東京都港区のプルマン東京田町で羊肉セミナーを開催。現地会場、オンラインを合わせて50人以上が参加した。セミナーにはMLA豪州食肉家畜生産者事業団の三橋一法ディベロップメントマネジャー、日本ハム食肉事業本部食肉マーケティン...
More
Return Top