食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

神戸市場・神戸ビーフフェスタで2年連続太田さんが名誉賞受賞

 「第2回 THE KOBE BEEF FESTA(神戸ビーフフェスタ)」が11日、神戸市中央卸売市場西部市場で開催された。今回、雌20頭、去勢46頭の計66頭が出品され、このうち名誉賞には太田克典さん出品牛を選出。太田さんの受賞は2年連続となる。同牛はその後のせりで、キロあたり6,005円でグループ会社の(有)太田家が落札した。同フェスタは神戸中央畜産荷受(株)が主催する、昨年初開催した新しい共励会で、神戸ビーフの品質を競う年間でも最大級のイベントとして位置付けられている。
 開催にあたり神戸中畜の丸橋弘資社長は、多数の買参者の来場に謝辞を述べ「緊急事態宣言、まん延防止等重点措置も解除となり、牛肉の消費も少しずつ明るい兆しがみえてきた。しかしインバウンド需要の回復は依然として厳しい状況にある。苦しい状況が続いているが、但馬牛生産者の励みになるよう活発な購買をお願いしたい」とあいさつ。
 名誉賞に輝いた太田さんの子息の太田海星さんは同牛について「子牛から順調に育ち、最後はロースや肩に張りがある良い体型に育った。(枝肉は)サシがしっかり入ってロースしんも大きい。自家産の牛で、昨年の兵庫県畜産共進会(県共)でも自家産牛で名誉賞をいただいた。自家産が良い結果を出してくれてうれしい」と語った。

◆行政・統計

More

◆トレンド

鶏肉マーケット Xマス控え相場高、リベンジ消費の追い風

鶏肉マーケット Xマス控え相場高、リベンジ消費の追い風

 東京の食品スーパー、アキダイの秋葉弘道社長がテレビのニュースでぼやいていた。「クリスマス用にタイ産のチキンレッグを仕入れようとしたら、問屋にことしは無理といわれた」と。 もっとも秋葉社長は、夏の天候不順で野菜が値上がりすればインタビューを...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが羊肉セミナー、ブランディングやラムの魅力を紹介

日本ハムが羊肉セミナー、ブランディングやラムの魅力を紹介

 日本ハムは19日、東京都港区のプルマン東京田町で羊肉セミナーを開催。現地会場、オンラインを合わせて50人以上が参加した。セミナーにはMLA豪州食肉家畜生産者事業団の三橋一法ディベロップメントマネジャー、日本ハム食肉事業本部食肉マーケティン...
More
Return Top