食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

外食回復に温度差、輸入ビーフは高値維持—牛肉マーケット展望

 飲食店需要は、まだまだ本調子ではないながらも、回復の兆しをみせている。 今後、忘年会需要などで引き合いは増すとみられるが、忘年会需要もまだまだ例年どおりとはいかないとの見通しが強く、発注は少なめ。ロイン系の荷動きは現状、まだ輸出中心だが、これも後半にかけて徐々に国内需要が強まれば、牛枝肉相場も合わせて高値となるだろう。
 輸入ビーフは、米国産も豪州産も相変わらず高値を継続している。ニーズは強まっていないが、日本以外の国からの引き合いが強いことから、仕入価格は高止まりしている。高値で買いづらくはあるが、年末にかけて需要が高まるとみられ、各社、売価を引き上げて販売する傾向が強まりそうだ。また、輸入タンの値上がりが末端にも少しずつ顕在化してきており、店頭売価の値上げや品切れ、代替アイテムへの切り替え、国産への切り替えなどの対応を迫られている。先物で冷凍在庫を多く抱えている企業も多いが、在庫がなくなり次第、いずれ対応を余儀なくされる。影響は年始に入ってからも続く見通しで、これにより閉店を余儀なくされるケースも少なくないとみられる。

◆行政・統計

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

 農水省は10日、群馬県桐生市の養豚農場において豚熱の患畜が確認されたことを受け、「農林水産省豚熱・アフリカ豚熱防疫対策本部」を持ち回りで開催し、今後の防疫方針について決定した。 発生については、同県桐生市の農場から、死亡頭数が増加している...
More

◆トレンド

3月末全国牛飼養頭数計399万頭で増加—個体識別記録

3月末全国牛飼養頭数計399万頭で増加—個体識別記録

 家畜改良センターが発表した3月末の全国牛個体識別記録によると、全国の飼養頭数は398万7,282頭(前年同月比1.1%増)で増加となり、前月比では5,926頭増加した。 品種別にみると、黒毛和種は計174万3,725頭(1.3%増)と前年...
More

◆国内外の団体

食肉販売動向調査(1)卸売業者「牛肉、冷凍の割合が増加」

食肉販売動向調査(1)卸売業者「牛肉、冷凍の割合が増加」

 農畜産業振興機構はこのほど「食肉販売動向調査結果」(2022年度上半期)を発表した。年2回実施されているアンケート調査で、卸売業者、小売業者(量販店、食肉専門店)に食肉の取り扱いや販売見通しをきいたもの。今回は21年度下半期(21年10月...
More

◆製品

More
Return Top