食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

外食回復に温度差、輸入ビーフは高値維持—牛肉マーケット展望

 飲食店需要は、まだまだ本調子ではないながらも、回復の兆しをみせている。 今後、忘年会需要などで引き合いは増すとみられるが、忘年会需要もまだまだ例年どおりとはいかないとの見通しが強く、発注は少なめ。ロイン系の荷動きは現状、まだ輸出中心だが、これも後半にかけて徐々に国内需要が強まれば、牛枝肉相場も合わせて高値となるだろう。
 輸入ビーフは、米国産も豪州産も相変わらず高値を継続している。ニーズは強まっていないが、日本以外の国からの引き合いが強いことから、仕入価格は高止まりしている。高値で買いづらくはあるが、年末にかけて需要が高まるとみられ、各社、売価を引き上げて販売する傾向が強まりそうだ。また、輸入タンの値上がりが末端にも少しずつ顕在化してきており、店頭売価の値上げや品切れ、代替アイテムへの切り替え、国産への切り替えなどの対応を迫られている。先物で冷凍在庫を多く抱えている企業も多いが、在庫がなくなり次第、いずれ対応を余儀なくされる。影響は年始に入ってからも続く見通しで、これにより閉店を余儀なくされるケースも少なくないとみられる。

◆行政・統計

中央畜産会、「全国優良畜産経営管理技術発表会」を開催

中央畜産会、「全国優良畜産経営管理技術発表会」を開催

 「令和3年度全国優良畜産経営管理技術発表会」が26日、公益㈳中央畜産会の主催で実施された。同発表会は、第61回農林水産祭の一環として開催されており、畜産経営の表彰としてはわが国を代表する行事といえる。畜産経営の優秀な事例を称えるとともに、...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが来年2月1日から商品規格変更および価格改定

日本ハムが来年2月1日から商品規格変更および価格改定

 日本ハムは1日、2022年2月1日から主力商品の「シャウエッセン」など、一部商品の規格変更および納品価格の改定を実施することを発表した。  価格改定の主な要因は、ハム・ソーセージおよび加工食品の主原料や小麦粉・食用油などの副資材の高騰。昨...
More
Return Top