食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

食肉の浸透圧脱水ラインを新たに提案—コーレンス

 ヨーロッパの優れた生産設備や技術を日本の企業に提供している、輸入商社の(株)コーレンス。同社が食肉業界に向けて、新たに提案しているのが、ADIV社(フランス)が開発した、Osmofood(マルR)技術により、食肉などさまざまな食品を浸透作用によって、室温で連続的に脱水する、食肉の浸透圧脱水ラインだ。
 この脱水ラインでは、ひき肉を連続して均質な薄い板状に変形し、2枚の浸透性を制御した濾紙(ろし)の間に挿入。板状の製品を連続的に脱水液の中で脱水、殺菌あるいは調理を行う。浸透作用により水分濃度が高い方の製品から半透膜を通過して、水分濃度が低い方の浸透液へ水が移動する。その後、浸透性を制御した濾紙をはく離し、脱水して再構築した板状の製品を連続的に巻き取るか、薄切りに。包装は真空包装、MAP包装などに対応する。
 脱水と殺菌の工程により、肉を微生物学的に安定させることが可能になる。処理の度合い(脱水の割合)にもよるが、脱水と殺菌を組み合わせることにより、最終製品が4℃の冷蔵環境、あるいは室温で数カ月間、微生物学的に安定することを確実にする。

◆行政・統計

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

 農水省は10日、群馬県桐生市の養豚農場において豚熱の患畜が確認されたことを受け、「農林水産省豚熱・アフリカ豚熱防疫対策本部」を持ち回りで開催し、今後の防疫方針について決定した。 発生については、同県桐生市の農場から、死亡頭数が増加している...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

 日本食肉流通センターは17日、このほど営業開始した同センターG棟3階大会議室で令和4年度第1回研修会を開催した。研修会では財務省主税局税制第二課消費税担当係長の島田力也氏が「消費税の適格請求書等保存方式(インボイス制度)」について講演した...
More

◆製品

More
Return Top