食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

[ことしの豚価予想]年間平均530円前後か、コロナ依然不透明

 21年は前年から続くコロナ禍での新たな生活様式が消費者にも定着。Eコマースの拡大など、流通の形態にも変化がみられた。また、輸入豚肉の供給は不安定といえる1年であった。コロナの影響による生産の遅れや世界的な物流の混乱、さらに温暖化の影響で異常気象による災害なども続出した。22年もさまざまな波乱要素をはらんでいる。
 1〜3月は、基本的に相場は安値が予想され、400円台が基本線となるとみる。コロナの先行きも依然不透明であり、日常生活では消費者の財布のひもは固い状況が続きそうだ。1月は470〜480円での推移か。2月はさらに低迷して460円、3月も安値を引きずったまま、相場が動き出すとは思えず、上昇したとしても400円台半ばから後半にとどまりそうだ。
 4月は年度替わりの時期でもあり、オミクロン株などコロナの状況次第ではあるが、この2年間は自粛されていたイベントなど、〝リベンジ消費〟などが高まれば、外食中心に需要が伸び、荷動きも活発になることが予想される。500円は超えてくるとみられる。5月は連休明けから徐々に出荷頭数が減少傾向になるとみられ、月前半と後半では大きく相場も変わっていきそうだ。連休中の消費動向にもよるが、豚肉自体はある程度安定した需要が継続するとみられ、一時的には600円に乗せてくる可能性もある。月平均では550円前後か。6月、7月は年間を通して最も出荷頭数が減少していく時期でもあり、また猛暑が予想される中で、出荷段階で増体がうまくいかないケースなどもみられる。ともに600円を超える高値相場となりそうだ。
 8月は例年、旧盆以降に出荷頭数が回復してくる。ただ、近年は猛暑の影響で増体が思うように進まず、下旬以降も頭数はなかなか増えてこないことが多く、相場はそれほど下がらない。多少は軟調になったとしても、570〜580円の高値水準か。9月は下旬の彼岸が相場の分岐点となるが、8月同様、ここ数年は思うように出荷体制が整ってこないのが現状。シルバーウイークなどの連休前には出荷頭数が一時的に増加するタイミングもあるが、月全体でみれば500円台半ばのしっかりした相場傾向か。ただ、5月同様、月の前半と後半でかなり価格差が出てくる可能性がある(続きは食肉速報に掲載)

◆行政・統計

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

 改正農林水産物・食品輸出促進法(改正輸出促進法)が19日、本国会で成立した。今回改正された改正輸出促進法に基づき、輸出実行戦略で定める輸出重点品目について、生産から販売に至る関係事業者を構成員とし、この品目についてオールジャパンによる輸出...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More

◆製品

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More
Return Top