食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

 「カナダビーフ インフォメーション ゲートウェイ」を公開

 カナダビーフ国際機構本部はこのほど、かねてから構想を練っていた「カナダビーフ インフォメーション ゲートウェイ」(以下ゲートウェイ)を公開した。ゲートウェイは、カナダの牛肉産業を発展させるため、そしてカナダ国内および世界中の消費者にカナダビーフを食体験してもらうために開発したウェブサイト(英語版)である。
 同機構は、消費者が牛肉の購入や調理を行う際に、いつでも情報にアクセスできることが重要だと考えている。消費者のスマートフォンやタブレットからゲートウェイのQRコードまたはUPCコードを読み取るだけで、これまでに購入したことのない新たな部位やレシピ、調理方法などを安心して試すことのできるコンテンツを閲覧することが可能だ。
 ゲートウェイの第1弾のリリースでは、約75種類の部位を「ロースト用」「ステーキ用」「挽肉用」「その他」のカテゴリーに分類して紹介。また、おすすめの調理法、食品の安全性と保存方法に関する情報、調理手順を手短に解説する動画付きのレシピ、栄養情報、買い物リストなどの必須情報を掲載したデジタルプロフィールを商品ごとに用意している。

◆行政・統計

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

 改正農林水産物・食品輸出促進法(改正輸出促進法)が19日、本国会で成立した。今回改正された改正輸出促進法に基づき、輸出実行戦略で定める輸出重点品目について、生産から販売に至る関係事業者を構成員とし、この品目についてオールジャパンによる輸出...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More

◆製品

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More
Return Top