食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

アニマルウェルフェア意見交換会、国が新たに指針を策定する方針

 農水省は28日、第1回「アニマルウェルフェア(AW)に関する意見交換会」をオンラインで開催し、要領の決定、座長の選出のほか委員による意見交換が行われた。会議には、㈱群馬食肉卸売市場の白石千秋常務取締役、日本ハム㈱執行役員国内食肉事業部の鳴海秀一部長、日本ケンタッキー・フライド・チキン㈱品質保証部の宮真二部長、日本マクドナルドホールディングス㈱の宮下建治取締役執行役員らが参加するほか、厚労省、環境省、国交省などのオブザーバーも出席した。なお、委員会の座長には寺田文典氏(元東北大学大学院農学研究科教授)が選出された。
 昨年6月3日に公表された「養鶏・鶏卵行政に関する検証委員会報告書」で「今後わが国におけるAWの推進にあたっては、最新の科学的知見、国際動向、流通・食品加工・外食・小売事業者の動向などのさまざまな要素も考慮した上で、より科学的・戦略的に対応していくべき」との提言がなされた。これを踏まえ、農水省は同月15日に公表した同省の改善策において、AWに関する最新の科学的知見や国際的動向を考慮した施策を推進するために把握した各種情報を共有し、AWに対する相互理解を深めるため、幅広い関係者による意見交換会を定期的に開催していく。

◆行政・統計

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

 改正農林水産物・食品輸出促進法(改正輸出促進法)が19日、本国会で成立した。今回改正された改正輸出促進法に基づき、輸出実行戦略で定める輸出重点品目について、生産から販売に至る関係事業者を構成員とし、この品目についてオールジャパンによる輸出...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More

◆製品

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More
Return Top