食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

加工協とハム組が役員会開催、「SDGs推進委員会」を設立

 一般(社)日本食肉加工協会日本ハム・ソーセージ工業協同組合は26日の役員会において、「SDGs推進委員会」を設立した。近年の地球環境や経済・社会の持続可能性に関して世界的な危機意識、関心が高まる中、レジ袋の有料化をはじめとしたさまざまな取り組みが実施されている。このような中、食肉加工業界においても、SDGs対応に向けて各種取り組みを進めていくことを目的に設立された。
 同委員会ではSDGs対応に向けた取り組みの一環として、「SDGs推進包装形態検討会」を設け、いわゆる「巾着袋」と呼ばれる「ソーセージにおける包装袋の包装形態の見直し」について推進していく。ソーセージといえば巾着袋として量販店などの重要な目玉商品として定着しているが、この巾着袋についても持続的な製造を進める観点から、業界をあげて包装形態の見直しに取り組むこととした。
 これまでの経緯をみると、社会的にSDGsへの対応が求められる中で、昨年9月以降、包装形態について各社の意向を数回にわたりアンケート調査を行った。さらに10月以降、アンケート調査と同時に委員会に先行する形で「SDGs推進包装形態検討会」を設け、11月、12月と開催し、巾着袋について見直しする方向を確認した。

◆行政・統計

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

 改正農林水産物・食品輸出促進法(改正輸出促進法)が19日、本国会で成立した。今回改正された改正輸出促進法に基づき、輸出実行戦略で定める輸出重点品目について、生産から販売に至る関係事業者を構成員とし、この品目についてオールジャパンによる輸出...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More

◆製品

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More
Return Top