食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

「ニッポンの和牛を世界へ」WAGYUMAFIAが本格海外進出

 「WAGYUMAFIA」は26日、都内で世界進出戦略発表会をオンライン併用で開催した。
 「WAGYUMAFIA」は「ニッポンの和牛を世界へ」をコンセプトに掲げ、浜田寿人氏(写真=中央左)、堀江貴文氏(写真=中央右)が2016年に設立した完全会員制和牛レストランで、フードトラックで販売した和牛のサンドウィッチがスタートだった。当初は3日間で3万円程度の売り上げしかなかったが、コロナ発生直前までに世界85都市でワールドツアーを展開し、認知度を拡大させた。そこで、この活動を支援する有名シェフや著名レストランなどとコラボレーションをしながら和牛を軸に「食とエンターテイメント」という新しいフードエンターテイメント領域を確立。本物の和牛の素晴らしさを伝え、消費者やレストラン関係者ら、サプライヤーをつなげる世界流通プラットフォームにするためにこの5年間活動してきた。
 店舗数は1月時点で、国内に11店舗、香港に3店舗を展開している。さらに、22年2〜3月に中東、同年7〜9月にはヨーロッパに進出する予定となっており、25年には世界30店舗を展開することを目標としている。

◆行政・統計

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

 改正農林水産物・食品輸出促進法(改正輸出促進法)が19日、本国会で成立した。今回改正された改正輸出促進法に基づき、輸出実行戦略で定める輸出重点品目について、生産から販売に至る関係事業者を構成員とし、この品目についてオールジャパンによる輸出...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More

◆製品

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More
Return Top