食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

農水省が「食料安全保障に関する省内検討チーム」を設置

 農水省は25日に「食料安全保障に関する省内検討チーム」を立ち上げ、オンラインでその概要を説明した。設置の趣旨については「国民への食料の安定供給は、国家として最も基本的な責務の一つである。国内では少子高齢化が進む一方、世界人口の増加や新興国の経済発展、頻発する自然災害や地球温暖化など、わが国の食料安全保障をめぐる状況が変化している。こうした情勢の変化を踏まえ、食料・農業・農村基本法に基づき進めている食料安全保障施策について包括的な検証を行うとともに、将来にわたってわが国の食料安定供給を確かなものにするために必要となる施策を幅広く検討する」としている。検討チームは、武部新農林水産副大臣をチーム長として、大臣政務官や事務次官、審議官、官房長、各局長などで構成される。

◆行政・統計

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

 改正農林水産物・食品輸出促進法(改正輸出促進法)が19日、本国会で成立した。今回改正された改正輸出促進法に基づき、輸出実行戦略で定める輸出重点品目について、生産から販売に至る関係事業者を構成員とし、この品目についてオールジャパンによる輸出...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More

◆製品

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More
Return Top