食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

スターゼンが巾着形態商品をエコタイプに、プラ使用量30%削減

 スターゼンは4月中旬から「我家のビストロ あらびきポークウインナー」など主力商品を皮切りに巾着形態商品を、環境に配慮したエコタイプパッケージに順次切り替える。パッケージの変更により、対象商品のプラスチック使用量を約30%削減(現行商品と比較した計算値)できる見込み。スターゼンでは、今後も同社の掲げるサステナビリティ基本方針や重要課題に基づき、持続可能な社会の実現へ向け、環境へ配慮した商品づくりや活動に取り組んでいく。
 主な切替対象商品は次のとおり。「我家のビストロ あらびきポークウインナー」(75g×2P)、「同 あらびきピリ辛チョリソー」(75g×2P)、「同 あらびきポークウインナー」(90g×2P)、「同 あらびきピリ辛チョリソー」(90g×2P)、「同 旨チーズあらびきソーセージ」(210g)、「同 旨激辛チョリソー」(210g)

◆行政・統計

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

 改正農林水産物・食品輸出促進法(改正輸出促進法)が19日、本国会で成立した。今回改正された改正輸出促進法に基づき、輸出実行戦略で定める輸出重点品目について、生産から販売に至る関係事業者を構成員とし、この品目についてオールジャパンによる輸出...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More

◆製品

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More
Return Top