食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

豚肉マーケット展望—飼料や原油が高騰、引き続き輸入Cタイト

 東京食肉市場の豚枝肉の2月加重平均価格(上物)は500円を上回り、不需要期であるこの時期としては高値が続いた。北日本などでは降雪量も多く、厳しい寒さが続いた中で、肉豚の増体にも影響が出たとみられ、上物中心に相場は上昇基調となった。3月に入り、全国的に気温は上昇傾向となっている。これまで好調に推移していた鍋物需要により、バラやカタロースといったスライス系アイテムが荷動きの中心となっていたが、徐々に荷動きは鈍化傾向にある。
 例年であれば、3月後半からは進入学祝いや花見などの行楽需要の増加も見込まれるが、まん延防止等重点措置が延長される中、イベントなども自粛傾向が続き、外食需要などは引き続き見込めない状況にある。気温上昇に伴い、ロイン系アイテムの引き合い増加が期待されるものの、実需はこれまでどおりウデやモモなどスソ物中心の展開か。
 輸入ポークについては、不安定な供給状況が継続している。中国の買い付けが鈍ったことで、欧州産の価格は軟調に推移しているが、ASFによるイタリア産の輸入停止に伴い、スペインやチリなどへの代替需要もみられる。
 一方、チルドポークは引き続き北米からの通関玉に遅延がみられ、全体的にタイトな状況にある。コロナ禍により、慢性的なワーカー不足で現地での生産量も減少しており、コンテナ不足や港湾混雑の状況も解消される見通しは立っていない。

◆行政・統計

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

 改正農林水産物・食品輸出促進法(改正輸出促進法)が19日、本国会で成立した。今回改正された改正輸出促進法に基づき、輸出実行戦略で定める輸出重点品目について、生産から販売に至る関係事業者を構成員とし、この品目についてオールジャパンによる輸出...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More

◆製品

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More
Return Top