食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

プロジェクトAが千葉県の小学校向けに第4回オンライン出前授業

 食物アレルギー配慮商品をもつ食品メーカー5社(日本ハム、オタフクソース、ケンミン食品、永谷園、 ハウス食品)は、「食物アレルギーの有無にかかわらず、みんなで食事をおいしく楽しめる社会の実現」に貢献することを活動理念とし、食物アレルギー配慮商品の普及やレシピの協同開発、啓発活動に取り組んでいる。5社は、この協同取り組みを「プロジェクトA」と名付け活動している。
 プロジェクトAは先ごろ、申し込みのあった千葉県の小学校で食物アレルギーに関するオンライン出前授業を開催した。プロジェクトAとして4回目となる今回の授業は永谷園が講師を担当し、当日は5、6年生の158人が参加。2021年5月から小学校向けに配布している副読本「知ろう!学ぼう!食物アレルギー〜みんなでいっしょにおいしく食べよう〜」を活用し、プロジェクトAが授業を行うことで、子供たちの記憶に残る機会をつくり、食物アレルギーに対する理解・関心を深めてもらうことを目的に実施した。
 今回の授業では、副読本を活用したクイズとともに、永谷園の食物アレルギー配慮商品への取り組みや、製造工場で商品への特定原材料の混入を防ぐために行っている工夫について解説した。実際に食物アレルギー配慮商品と通常商品を見比べ、特定原材料にかかわる表示の見方を体験するワークでは児童が興味深げに表示を確認する姿が印象的だった。授業後には、児童から「アレルギーに配慮した商品がたくさんあって驚いた」「実際に食品の表示に〇をつけるのが分かりやすかった」「表示はアレルギーの人にとって大切なんだと知った」などの声が寄せられ、体験を通して、食物アレルギー配慮商品に興味を深めたことがうかがえた。

◆行政・統計

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

 改正農林水産物・食品輸出促進法(改正輸出促進法)が19日、本国会で成立した。今回改正された改正輸出促進法に基づき、輸出実行戦略で定める輸出重点品目について、生産から販売に至る関係事業者を構成員とし、この品目についてオールジャパンによる輸出...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More

◆製品

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More
Return Top