食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

第1回畜産部会、大野部長「来週末にも価格決定できるよう議論」

 農水省は7日、都内で食料・農業・農村政策審議会平成28年度第1回畜産部会を開催した。
 冒頭、農水省の大野高志畜産部長は4月の熊本地震、先般の青森、新潟の鳥インフルエンザなど畜産の災害の多い年だったとことしを振り返り、畜産物価格の議論にあたって「畜産物価格は軒並み強い国産志向に支えられて、かなり好調な相場展開をしていると考えている。子牛の不足払い制度、マルキンなどの経営安定対策に加えて、畜産クラスターと体質強化対策を総合的に展開して、わが国の酪農・畜産の生産基盤の強化につなげていきたい」と述べ、来週末にも価格決定できるよう畜産部会委員の活発な議論を要請した。

◆行政・統計

More

◆トレンド

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

 横浜食肉市場第1回北海道フェア(共進会)が19日、同市場で開かれた。初の北海道フェアは新しい共進会を企画することで横浜市場の魅力を対外的に伝えることを目的とし、今後も九州などの共進会も視野に入れて、さらに市場のPRを図っていく。和牛と交雑...
More

◆国内外の団体

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

 横浜食肉市場第1回北海道フェア(共進会)が19日、同市場で開かれた。初の北海道フェアは新しい共進会を企画することで横浜市場の魅力を対外的に伝えることを目的とし、今後も九州などの共進会も視野に入れて、さらに市場のPRを図っていく。和牛と交雑...
More

◆製品

More
Return Top