食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

食肉産業展「銘柄食肉好感度コンテスト」出展者募集中!!

 全国の多種多様な銘柄が一堂に会し、「自慢の銘柄の評価」「他銘柄との比較」「認知度アップ」と、毎回好評を博している食肉産業展の人気イベント「全国銘柄食肉好感度コンテスト」の出展者を募集中。今大会、豚肉部門(以下・豚コン)は第15回目(募集は締め切り)、地鶏・銘柄鶏部門が第13回(第12回までの名称は地鶏・銘柄鶏食味コンテスト、以下・鶏コン)を迎え、前回初めての開催で業界から注目された牛肉部門(以下・牛コン)も第2回目の開催が決定している。
 同コンテストは全国から各部門10銘柄(応募数により変動あり)が一堂に出品するとあって、流通業者をはじめ、商品開発に携わる関係者などが注目するイベントとして定着。来場者が試食して好感度を採点するという最もポピュラーな手法により、見た目や歯ごたえ、おいしさ、ブランドイメージなど、トータルな好感度を評価する場となっている。
 豚コンが2000年に、鶏コンが2004年に、そして牛コンが16年にそれぞれスタート。13年には豚コン、15年には鶏コンでグランドチャンピオン大会を実施し、国内生産者の生産意欲奨励、高品質銘柄の普及と発展、業界活性化に貢献してきた。
 単独の試食会では難しい保健所申請、消防申請などの諸手続き、また多大な経費負担についても同展事務局がまとめて行うため安心でき、審査結果は本紙のほか、週刊「食肉通信」、月刊「ミート・ジャーナル」でも発表される。
 出品者にとってはマーケットリサーチ、バイヤーにとっては新規導入ブランドの発掘の場として有効に活用でき、日ごろ丹精込めて生産しているブランド食肉をアピールする絶好の機会となろう。ぜひ、販路拡大に役立てていただきたい。
 申し込みは本紙次頁申込書をFAXでご送付いただくか、弊社ホームページからお申し込み可能。
※豚肉部門は応募者多数のため、応募は締め切り。

◆行政・統計

食肉販売業の振興指針改正、コロナやHACCP対応追加—厚労省

食肉販売業の振興指針改正、コロナやHACCP対応追加—厚労省

 厚労省はこのほど、食肉販売業の振興指針を改正した。これは、食肉小売店など食肉販売業の営業者が食品衛生法などの衛生規制に的確に対応しつつ、現下の諸課題にも適切に対応し、経営の安定および改善を図るため、生衛法に基づき定めているもの。営業者、生...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

京都市食肉青年会が第65回定期総会、新会長に尾崎星二氏を選出

京都市食肉青年会が第65回定期総会、新会長に尾崎星二氏を選出

 京都市食肉青年会(酒井啓全会長)は14日、京都市中京区の京都ホテルオークラで第65回定期総会を開催。令和3年度事業計画案など上程全議案を原案どおり可決し、任期満了に伴う役員改選では尾崎星二氏を新会長に選出した。 総会は木村駿友幹事長の司会...
More

◆製品

More
Return Top