食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

自民外交部会、武井外務大臣政務官「日EU・EPAは大詰め」

 自民党の外交部会が24日、党内で開かれ、日EU・EPAの交渉状況について説明された。
 冒頭、武井俊輔外務大臣政務官は「日EU・EPA交渉は大詰めを迎えている。昨年末に岸田外相とマルムストローム欧州委員貿易担当が電話会談において確認したとおり、可能な限り早期の大枠合意を目ざすことで、現在、精力的に交渉を続けている。今後も引き続き、間断なく、継続的に交渉を行い、可能な限り早期の大筋合意を目ざし、最大限努力していく」と語った。

◆行政・統計

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

 厚労省は15日、スペイン産牛肉等について、食品安全委員会の食品健康影響評価結果を踏まえたスペイン政府との協議などが終了しため、同日付で、輸入手続きを再開すると発表した。対日輸出条件は月齢制限について30カ月齢以下とする。対日輸出が認められ...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

 厚労省は15日、スペイン産牛肉等について、食品安全委員会の食品健康影響評価結果を踏まえたスペイン政府との協議などが終了しため、同日付で、輸入手続きを再開すると発表した。対日輸出条件は月齢制限について30カ月齢以下とする。対日輸出が認められ...
More

◆製品

More
Return Top