食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

自民農林会議、JAS改革法案を了承、骨太PTでフォローも

 自民党の農林部会などの合同会議が17日、党内で開かれ、JAS改革法案(農林物資の規格化等に関する法律等の一部を改正する法律案)が賛成多数で了承された。出席した議員からは国際的に通用する規格を望む声が相次ぎ、これを受け、小泉進次郎農林部会長は改めて骨太PTでフォローアップの機会を設ける意向を示した。
 JAS改革法案の背景には海外市場で食文化や商慣行が国や地域によって異なる中、取引上必要な情報や信頼は規格・認証により担保されていること、輸出力強化にあたっては、規格・認証を活用し、海外の取引先などに訴求していくことが重要・有効であることをあげている。
 そのため、取引における説明や証明、信頼の獲得を容易にし、海外取引の円滑化や国際競争力の強化に寄与するよう、戦略的に規格を制定・活用できる枠組みを整備し、これを足がかりとして国際規格化を推進するとしている。
 農水省の井上宏司食料産業局長はすでに国際規格がある中で新たにJAS規格をつくる意味について「すでに国際的に広く通用しているような規格がある場合には取引先にそれが優先的に調達されるように規格を認証することが重要であるが、実際いま、公的規格、民間規格両方みても、国際規格は全体を網羅しているものがあるわけではない。日本の強みをアピールするための多様な規格を定めて、もともとある規格をとるだけでなく、新しい規格を日本発でつくっていくことも重要と考えている」と説明した。

◆行政・統計

CSF等対策本部、牛・鶏用の飼養衛生管理ステッカーを配布

CSF等対策本部、牛・鶏用の飼養衛生管理ステッカーを配布

 農水省は19日、省内で「農林水産省CSF・ASF防疫対策本部」を開催し、今後の対策を検討した。江藤農相は「昨年は、農家に飼養衛生管理基準を日々意識していただくためのステッカーを配布し大変評価を得たが、このほど、鶏や牛など他の畜産においても...
More

◆トレンド

神戸ビーフの地区別対決、西播地区が2連覇果たす

神戸ビーフの地区別対決、西播地区が2連覇果たす

 「神戸ビーフ」の生産地別対抗戦として年に1度開催される第11回兵庫県地域ブランド牛枝肉共励会が7日、加古川食肉地方卸売市場で開催された。55頭(雌14頭、去勢41頭)が出品され、団体優勝は「プレミアム姫路和牛」を擁する西播地区が2連覇を達...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

マルイチ産商、畜産ECサイト「信州ミートマーケット」開設

マルイチ産商、畜産ECサイト「信州ミートマーケット」開設

 マルイチ産商は、新たに会員制畜産ECサイト「信州ミートマーケット」を開設した。同社は、長野県内の畜産農家と共に信州発のブランド肉を生産し、子会社の加工場で鮮度の良い状態で冷凍加工。りんご入り醗酵飼料を与え、良質の霜降り、キレのある味わい、...
More
Return Top