食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

日清丸紅飼料が消費者向けにハーブ豚テイスティング会を開催

 日清丸紅飼料は15日、女性消費者を対象にした「ハーブ豚テイスティング会」を都内で開催した。同社が消費者向けイベントを開催するのは初。女子会をコンセプトに約20人の女性消費者が参加した。
 イベントではベジフルボディデザイナー、野菜ソムリエ上級プロ、アスリートフードマイスターなどさまざまな顔をもつ吉開友子氏(mocco.company代表)が講演。健康な心と体をつくるためには食と運動のバランスが必要なことや、ハーブ豚の魅力と特長を説明した。ハーブ豚は、ハーブのマスキング効果により、におい物質の発生を約25%カットしており、豚肉特有のくさみがなく、あっさりとした味わいが特徴。実際にハーブ豚と一般的な豚のにおいを調理して比較し、参加者はその違いを実感した。また、ハーブの抗酸化作用により一般的な豚に比べて脂肪の酸化度を示すTBA値が約24%に抑えられているほか、ハーブの細胞膜強化作用により、約25%のドリップをカット。ドリップロスが抑えられ、おいしさを保持できることなどが紹介された。

◆行政・統計

More

◆トレンド

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

 8月は旧盆商戦を控える需要期だが、国産牛枝肉相場は低迷しており、部分肉の動きも不活発だ。輸入ビーフについても、荷動きがない中で海外の需要の高まりを受けて高騰しており、わが国の購買力では対抗がむずかしくなっている。コロナ感染者数も再び増加し...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

 日本ハムは20日、「ミニハットグチーズ入り400gジッパー付き」を新発売した。新型コロナウイルス感染症の影響で内食が増えたことにより、買い置きや、まとめ買いする消費者が増え、大容量パックの需要が高まっている。また、海外への旅行や外食を控え...
More
Return Top