食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

トッパンフォームズ

年鑑

自民農林会議、JAS改革法案を了承、骨太PTでフォローも

 自民党の農林部会などの合同会議が17日、党内で開かれ、JAS改革法案(農林物資の規格化等に関する法律等の一部を改正する法律案)が賛成多数で了承された。出席した議員からは国際的に通用する規格を望む声が相次ぎ、これを受け、小泉進次郎農林部会長は改めて骨太PTでフォローアップの機会を設ける意向を示した。
 JAS改革法案の背景には海外市場で食文化や商慣行が国や地域によって異なる中、取引上必要な情報や信頼は規格・認証により担保されていること、輸出力強化にあたっては、規格・認証を活用し、海外の取引先などに訴求していくことが重要・有効であることをあげている。
 そのため、取引における説明や証明、信頼の獲得を容易にし、海外取引の円滑化や国際競争力の強化に寄与するよう、戦略的に規格を制定・活用できる枠組みを整備し、これを足がかりとして国際規格化を推進するとしている。
 農水省の井上宏司食料産業局長はすでに国際規格がある中で新たにJAS規格をつくる意味について「すでに国際的に広く通用しているような規格がある場合には取引先にそれが優先的に調達されるように規格を認証することが重要であるが、実際いま、公的規格、民間規格両方みても、国際規格は全体を網羅しているものがあるわけではない。日本の強みをアピールするための多様な規格を定めて、もともとある規格をとるだけでなく、新しい規格を日本発でつくっていくことも重要と考えている」と説明した。

◆行政・統計

輸出の取り組みに対する投資促進の方向性取りまとめ—農水省

輸出の取り組みに対する投資促進の方向性取りまとめ—農水省

 農水省は25日、このほど開催した「農林水産物・食品の輸出等への投資の促進に関する検討会(第2回)」の議論を踏まえ、「農林水産物・食品の輸出等の取組に対する投資の促進に係る基本方向」を取りまとめた。 同検討会は農林漁業および関連産業における...
More

◆トレンド

鶏肉需給ひっ迫、冷凍在庫不足に加え鳥インフル影響懸念

鶏肉需給ひっ迫、冷凍在庫不足に加え鳥インフル影響懸念

 新型コロナウイルスの感染拡大が全国的に再び加速し、急速に社会的な不安と警戒感が強まってきた。国のGoToキャンペーンで飲食店は少しずつ活気を取り戻し、年末に向け期待感は高まっていたが、忘年会を含め外食需要は再び厳しい状況が見込まれる。内食...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

スターゼンが東北地区アウトパック拠点、多賀城PC竣工

スターゼンが東北地区アウトパック拠点、多賀城PC竣工

 スターゼンは、宮城県多賀城市にアウトパック拠点として多賀城PCを新設し25日、竣工した。食肉流通業界では、バックヤードの負担軽減や簡便ニーズの高まりに応じてアウトパック需要が拡大しており、国内で5拠点目のプロセスセンターとして設立したもの...
More
Return Top