衆議院農水委、山本農相「将来を見据えた福島の復興創生に全力」

 衆議院の農林水産委員会が8日、院内で開かれ、農林水産関係の基本施策について質疑された。
 公明党の真山祐一議員は東日本大震災から6年となることを踏まえ、福島原発事故の風評被害対策について質問。これに対し山本有二農相は「東日本大震災からまもなく6年。避難指示区域の解除に向けた取り組みが進んでいる。農水省は福島県の農林水産業の再生に向けて、営農再開への支援、森林林業の実証事業への支援に全力で取り組んできた。この結果、南相馬市など5市町村において、2,500haで米の作付けが可能となった」と述べた。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み