食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

牛マルキン1月乳用種のみ発動、概算払い補填金6万8,300円

 農畜産業振興機構は8日、牛マルキン事業(肉用牛肥育経営安定特別対策事業)の平成29年1月分補填金単価(概算払い)を公表した。1月は肉専用種、交雑種で補填の発動はなかったが、乳用種は発動し概算払いの補填金単価は6万8,300円となった。なお、補填金単価の確定値は5月上旬に公表する予定。
 肉専用種は前月に比べて粗収益が3.5%減少したものの、粗収益が生産コストを上回って推移しているため、補填は発動しない。交雑種は前月に比べて粗収益が0.5%減少したが、粗収益が生産コストを上回って推移しているため、補填は発動なし。乳用種は前月に比べて、生産コストが1.7%増加したため、補填金単価(概算払い)は前月比7,200円/頭増となった

◆行政・統計

平成30年農業総産出額は前年増減率2.4%減の9兆558億円

平成30年農業総産出額は前年増減率2.4%減の9兆558億円

 農水省はこのほど、平成30年農業総産出額および生産農業所得(全国)を公表した。平成30年農業総産出額は、豚、鶏卵、野菜(葉茎菜類)などにおいて生産量の増加から価格が低下したことなどにより、前年に比べ2,184億円減少し、9兆558億円(対...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top