山本農相、冷凍牛肉SG「一般消費者への影響は限定的」

 山本農相は28日の閣議後会見で冷凍牛肉のセーフガードについて「この措置は発動に先だって政府の調査、決定が必要ない。いわゆる一般セーフガードと異なる。客観的な要件を満たせば、政府の裁量の余地なく、自動的に発動する。今般の発動対象となる冷凍牛肉は全輸入牛肉の2割にとどまることから、一般消費者への影響は限定的と考えている。農水省としても牛肉の価格動向の調査など適切に対応していく」と述べた。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする