食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

齋藤農相就任会見、セーフガード「よく議論し合うことが大事」

 3日に農水大臣に就任した齋藤農相は同日、農水省内で就任会見を行った。
 齋藤農相は冷凍牛肉のセーフガード発動を受けて発動の仕組みについて、厳しい交渉の末にセーフガードの仕組みを約束したとした上で「この約束したことを後から変わるということになると、今後約束することに対しての信頼性というものがなくなってしまうという重大な問題を、実ははらむ可能性がある。今の時点では、よくよくこういう制度でこういう経緯でこういう約束になっていると、そして1年経てば、また戻ると、そういうことをよくよく議論し合うことが大事なのではないかと思っている。」との認識を示した。
 農産物の輸出の促進については「1月から5月までの5カ月間でどれだけ輸出が1年前と比べて伸びたかを見てますと、例えば牛肉は6割増えている。ただ、やっぱり牛肉とかいちごとかお茶というのはまだまだ伸ばしていけると思うので、努力をしていくということは非常に重要じゃないかと思う」と語った。

◆行政・統計

10月牛肉輸出は369tで前年比16.8%増、単価6,993円

10月牛肉輸出は369tで前年比16.8%増、単価6,993円

 財務省貿易統計による10月国産牛肉輸出量は36万9,276kg(前年同月比16.8%増)と、前年同月から大きく増加した。前月比では約20tの減少。輸出先国は合計29カ国.地域で、国別にみるとカンボジアが最も多く、合計11万1942kg。次...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

全肉連がHACCP指導者育成セミナー、全農MF・菊池氏が講演

全肉連がHACCP指導者育成セミナー、全農MF・菊池氏が講演

 全国食肉事業協同組合連合会(河原光雄会長)は、平成31年度食肉流通HACCPシステム普及推進事業による「HACCP指導者育成セミナー」を4日、東京・港区のTKP品川カンファレンスセンターで開催した。当日は、全国の各道府県肉連の担当者が参集...
More

◆製品

More
Return Top