[食肉家計調査・8月]牛肉購入量大幅増、豚肉・鶏肉も堅調

 総務省統計局公表の8月家計調査報告(2人以上世帯=農林漁家を除く、1世帯あたり・品目別)によると、肉類支出金額は7,584円(前年同月比2.6%増)と3カ月連続で前年同月を上回った。牛肉の金額は1,960円(4.4%増)と増加に転じ、購入量も606g(9.4%増)と増加。支出金額以上に購入量の伸び率が高く、グラム単価の低い牛肉の家計消費が増えている。量販店などでは輸入ビーフの焼き肉、BBQ、ステーキなどのコーナー展開が拡大しており、これらが消費者を牛肉離れから引き戻すことに寄与した。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする