牛・豚肉輸入急増見込みにくい、額は今後公表、日EU影響説明会

 農水省は2日、同日に自民党のTPP・日EU等経済協定対策本部で示された「日EU・EPAにおける品目ごとの農林水産物への影響」(既報)について記者説明会を行った。牛・豚肉については当面、輸入の急増は見込みにくいものの、経営安定対策についてTPPなどの状況も踏まえて必要な検討を加えることが必要とし、鶏肉についてはEUからの輸入は少量のため、特段の影響は見込みにくいとした。なお今回の分析は定性的なものにとどまり、影響額など定量的な分析は今後、内閣官房と連携して取り組むとしている。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする