食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

牛・豚肉輸入急増見込みにくい、額は今後公表、日EU影響説明会

 農水省は2日、同日に自民党のTPP・日EU等経済協定対策本部で示された「日EU・EPAにおける品目ごとの農林水産物への影響」(既報)について記者説明会を行った。牛・豚肉については当面、輸入の急増は見込みにくいものの、経営安定対策についてTPPなどの状況も踏まえて必要な検討を加えることが必要とし、鶏肉についてはEUからの輸入は少量のため、特段の影響は見込みにくいとした。なお今回の分析は定性的なものにとどまり、影響額など定量的な分析は今後、内閣官房と連携して取り組むとしている。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top