自民農林合同会議、平成29年度農林水産関係補正予算案を提示

 12日に開かれた自民党の農林部会などの合同会議で平成29年度農林水産関係補正予算案が提示された。同予算は(1)TPP等関連政策大綱に基づく施策の実施(2)農林水産業・地域の活力創造プランに基づく施策などの推進(3)防災・減災対策などの推進—大きく3本立てで、畜産関係は、畜産クラスターや輸出拡大に必要な食肉処理施設などの産地基幹施設の整備などを支援する事業を盛り込んでいる。今後の予定は15日に額入りが提示される。
 具体的に畜産関係についてはTPP等関連政策大綱に基づく施策のうち「畜産・酪農収益力強化総合プロジェクトの推進」「高品質なわが国農林水産物の輸出等需要フロンティアの開拓」の中で対策をあげている。主な内容は次のとおり(食肉速報に掲載)

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み