食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

自民農林合同会議、大雪被害、12道府県で2.1億円の被害


 自民党の農林部会などの合同会議が15日、党内で開かれ、平成29年から30年冬期の大雪被害が報告された。報告によると、被害は14日現在、畜舎が12道府県で108件、2.1億円にのぼり、家畜のへい死が北海道で20頭となっており、現在も調査中で今後増える可能性がる。

◆行政・統計

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

 厚労省は15日、スペイン産牛肉等について、食品安全委員会の食品健康影響評価結果を踏まえたスペイン政府との協議などが終了しため、同日付で、輸入手続きを再開すると発表した。対日輸出条件は月齢制限について30カ月齢以下とする。対日輸出が認められ...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

 厚労省は15日、スペイン産牛肉等について、食品安全委員会の食品健康影響評価結果を踏まえたスペイン政府との協議などが終了しため、同日付で、輸入手続きを再開すると発表した。対日輸出条件は月齢制限について30カ月齢以下とする。対日輸出が認められ...
More

◆製品

More
Return Top