農水省が食品産業戦略を公表、付加価値額3割増など3目標掲げる


 農水省は6日、食品製造業の現状と課題、戦略の方向性をまとめた「食品産業戦略」を公表した。同戦略では日本の食品製造業の強み、弱みを整理し、2020年代に向けて食品事業者が挑むべき3つの目標を提示。具体的に食料産業戦略の方向性は(1)需要を引き出す新たな価値創造で付加価値額の3割増(2)海外市場の開拓で海外売り上げの3割増(3)自動化や働き方改革による労働生産性の向上で労働生産性の3割増—を掲げている。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み