食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

【食肉産業展2018のみどころ 〜未来へ進め!にっぽん力〜 】(1)


 「第43回食肉産業展2018」が4月11日(水)から13日(金)までの3日間、東京都有明の国際展示場「東京ビッグサイト」東4ホールで92社242小間の出展規模で開催される。テーマは「〜未来へ進め!にっぽん力〜」。開催時間は午前10時から午後5時まで。食肉業界の8団体と事務局・(株)食肉通信社で構成する食肉産業展実行委員会(関川和孝実行委員長)の主催。「ファベックス」「デザート・スイーツ&ベーカリー展」「ワイン&グルメ」「麺産業展」「食品&飲料OEMビジネスマッチングEXPO」「ハラールマーケットフェア」との7展合同開催により、東1〜4ホールに900社1500小間の業務用食品・食材、機器、容器が集う国内最大級の総合見本市となる。来場者は食品関係バイヤーを中心に7万8千人を見込んでいる。イベントとして、豚・鶏肉の銘柄食肉コンテストやウインナーソーセージ試食展示会を行うほか、会場内セミナーも各種開催される。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top