食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

農水省が食品産業戦略を公表、付加価値額3割増など3目標掲げる


 農水省は6日、食品製造業の現状と課題、戦略の方向性をまとめた「食品産業戦略」を公表した。同戦略では日本の食品製造業の強み、弱みを整理し、2020年代に向けて食品事業者が挑むべき3つの目標を提示。具体的に食料産業戦略の方向性は(1)需要を引き出す新たな価値創造で付加価値額の3割増(2)海外市場の開拓で海外売り上げの3割増(3)自動化や働き方改革による労働生産性の向上で労働生産性の3割増—を掲げている。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top