豚コレラ現地調査結果、共同たい肥場の出口では消毒が行われず


 農水省は10日、省内で「食料・農業・農村政策審議会家畜衛生部会第28回牛豚等疾病小委員会」を開き、岐阜県における豚コレラについて対応を協議した。小委では引き続き、当該農場の周辺区域における消毒ポイントの設置など、必要な防疫措置を実施・継続することとした。また疫学調査チームの現地調査結果によると、共同たい肥場では、入り口には消毒用の消石灰が散布されていたが、出口では消毒が行われていなかったなどが分かった。調査結果詳細は次のとおり(続きは食肉速報に掲載)

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み