食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

豚コレラ現地調査結果、共同たい肥場の出口では消毒が行われず


 農水省は10日、省内で「食料・農業・農村政策審議会家畜衛生部会第28回牛豚等疾病小委員会」を開き、岐阜県における豚コレラについて対応を協議した。小委では引き続き、当該農場の周辺区域における消毒ポイントの設置など、必要な防疫措置を実施・継続することとした。また疫学調査チームの現地調査結果によると、共同たい肥場では、入り口には消毒用の消石灰が散布されていたが、出口では消毒が行われていなかったなどが分かった。調査結果詳細は次のとおり(続きは食肉速報に掲載)

◆行政・統計

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

 厚労省は15日、スペイン産牛肉等について、食品安全委員会の食品健康影響評価結果を踏まえたスペイン政府との協議などが終了しため、同日付で、輸入手続きを再開すると発表した。対日輸出条件は月齢制限について30カ月齢以下とする。対日輸出が認められ...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

 厚労省は15日、スペイン産牛肉等について、食品安全委員会の食品健康影響評価結果を踏まえたスペイン政府との協議などが終了しため、同日付で、輸入手続きを再開すると発表した。対日輸出条件は月齢制限について30カ月齢以下とする。対日輸出が認められ...
More

◆製品

More
Return Top