子牛補給金算定見直し、算定は生産費基礎、算定期間を過去7年間に


 20日に開かれた「第2回肉用子牛生産者補給金にかかわる算定方式検討会」で、同補給金について生産費を基礎とし算定に用いる期間を過去7年間とするなどの取りまとめ案が了承された。出席した委員からは算定期間を過去7年間ではなく直近データにウエートを置くように補正したほうが良いのではないかとの意見のほか、2年目以降の見直しや家族労働費のあり方などについて意見が出されたが、おおむね原案どおりに了承された。今後は委員からの意見を踏まえた案を食料・農業・農村政策審議会畜産部会で審議した上で新たな算定方式を決める。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み