食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

残暑の厳しさが消費に影響し生産量減—9月の加工品生産量


 日本ハム・ソーセージ工業協同組合はこのほど、平成30年9月分の食肉加工品生産量を発表した。それによると、全体の生産量は4万4571t(前年同月比2.9%減)で、4カ月連続の減少となった。8月の異常気象に続く9月の残暑の厳しさで、消費者の購買意欲が弱かったことが原因とみられる。家計調査をみても、数量ベースで9月はハムが14.8%減、ベーコンが6.1%減、ソーセージが0.6%減と、とくにハムの落ち込みが著しい。

◆行政・統計

畜産部会、畜産物価格を据え置きとする諮問案を了承

畜産部会、畜産物価格を据え置きとする諮問案を了承

 農水省は12日、東京都内で「食料・農業・農村政策審議会 畜産部会(令和元年度第9回)」を開き、令和2年度畜産物価格案を諮問し、肉用子牛の保証基準価格と合理化目標価格をすべて据え置きとする諮問案を出席した委員の賛成多数で了承した。答申を受け...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

カナダビーフ国際機構が液体塩麹とのコラボイベントに協賛

カナダビーフ国際機構が液体塩麹とのコラボイベントに協賛

 カナダビーフ国際機構(清冨一郎駐日代表)は11日、東京ベイ・クルージングレストラン「シンフォニー」で開催された、カナダビーフとハナマルキ液体塩麹のコラボレーション企画(主催=一般(社)全日本司厨士協会東京地方本部広報企画部)に協賛した。イ...
More

◆製品

More
Return Top