食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

子牛補給金算定見直し、算定は生産費基礎、算定期間を過去7年間に


 20日に開かれた「第2回肉用子牛生産者補給金にかかわる算定方式検討会」で、同補給金について生産費を基礎とし算定に用いる期間を過去7年間とするなどの取りまとめ案が了承された。出席した委員からは算定期間を過去7年間ではなく直近データにウエートを置くように補正したほうが良いのではないかとの意見のほか、2年目以降の見直しや家族労働費のあり方などについて意見が出されたが、おおむね原案どおりに了承された。今後は委員からの意見を踏まえた案を食料・農業・農村政策審議会畜産部会で審議した上で新たな算定方式を決める。

◆行政・統計

10月牛肉輸出は369tで前年比16.8%増、単価6,993円

10月牛肉輸出は369tで前年比16.8%増、単価6,993円

 財務省貿易統計による10月国産牛肉輸出量は36万9,276kg(前年同月比16.8%増)と、前年同月から大きく増加した。前月比では約20tの減少。輸出先国は合計29カ国.地域で、国別にみるとカンボジアが最も多く、合計11万1942kg。次...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

全肉連がHACCP指導者育成セミナー、全農MF・菊池氏が講演

全肉連がHACCP指導者育成セミナー、全農MF・菊池氏が講演

 全国食肉事業協同組合連合会(河原光雄会長)は、平成31年度食肉流通HACCPシステム普及推進事業による「HACCP指導者育成セミナー」を4日、東京・港区のTKP品川カンファレンスセンターで開催した。当日は、全国の各道府県肉連の担当者が参集...
More

◆製品

More
Return Top