すべての加工食品で重量割合1位の原料原産地を義務表示へ

 第9回加工食品の原料原産地表示制度に関する検討会が5日、農水省内で行われ、すべての加工食品について重量割合上位1位の原料原産地を義務表示とし、国別重量順表示を原則とする案が出された。出席した委員からは一歩前進したと評価する意見もある一方で、従来から根強く指摘されている消費者の誤認の可能性があるとの意見が再び出された。次回の検討会では文章化された形で中間取りまとめ案が公表される予定だが、今回のような状況の場合、取りまとめ案で消費者の誤認の可能性がないよう改善されるか、あるいは委員が柔軟な考え方を持つなど歩み寄りがなければ大団円となることはむずかしそうだ。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする