食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

和牛遺伝資源の流通管理で中間取りまとめ、記録・保管の義務化など

 農水省は26日、都内で第5回「和牛遺伝資源の流通管理に関する検討会」を開催し、論点整理を踏まえ中間取りまとめを行った。取りまとめでは家畜改良増殖法の見直しを検討することも視野に精液や受精卵の流通管理の徹底、和牛遺伝資源における知的財産的価値の保護の大きく二つの観点から対策が示された。和牛遺伝資源の知的財産的価値の保護強化のための制度の検討についても補足された。
 精液や受精卵の流通管理の徹底については(1)既存制度の周知徹底(2)流通管理に関する帳簿などへの記録・保管(3)受精卵の生産情報などの定期的な把握(4)ストローなどへの基本情報の表示(5)地域による管理体制の構築の5点があげられている。

◆行政・統計

10月牛肉輸出は369tで前年比16.8%増、単価6,993円

10月牛肉輸出は369tで前年比16.8%増、単価6,993円

 財務省貿易統計による10月国産牛肉輸出量は36万9,276kg(前年同月比16.8%増)と、前年同月から大きく増加した。前月比では約20tの減少。輸出先国は合計29カ国.地域で、国別にみるとカンボジアが最も多く、合計11万1942kg。次...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

全肉連がHACCP指導者育成セミナー、全農MF・菊池氏が講演

全肉連がHACCP指導者育成セミナー、全農MF・菊池氏が講演

 全国食肉事業協同組合連合会(河原光雄会長)は、平成31年度食肉流通HACCPシステム普及推進事業による「HACCP指導者育成セミナー」を4日、東京・港区のTKP品川カンファレンスセンターで開催した。当日は、全国の各道府県肉連の担当者が参集...
More

◆製品

More
Return Top