食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

第5回畜産部会、家畜改良、畜産環境の情勢について説明

 農水省は10日、都内で第5回食料・農業・農村政策審議会畜産部会を開き、「酪農および肉用牛生産の近代化を図るための基本方針(酪肉近)」と家畜改良増殖目標を定めるにあたり、農相から諮問を受け、家畜改良、畜産環境の情勢について説明した。今後のスケジュールは来年3月下旬の酪肉近基本方針の答申に向けて7回ほど部会を開き、議論を深めていく。
 現行酪肉近の牛肉の需要の長期見通しについては、1人あたりの消費量が現状とほぼ同水準と見込むものの、人口減少に伴い需要は減少することを考慮し、平成37年度における国内消費仕向量を113万t(枝肉換算)と見込んでいる。
 現状の評価は、近年の好景気等を背景に、焼き肉やハンバーガーなどの外食・中食を中心に一人あたりの消費量は増加傾向にあり、国内消費仕向量とともに、令和7年度見通しをすでに上回る水準で推移。なお、牛肉の消費構成は、家計消費が減少する一方、外食・中食が増加。近年は外食・中食割合が約6割、家計消費割合が約3割で推移している。

◆行政・統計

玉城沖縄県知事が江藤農相にCSF感染拡大防止対策で要請

玉城沖縄県知事が江藤農相にCSF感染拡大防止対策で要請

 玉城デニー沖縄県知事は24日、農水省内で江藤農相にCSF感染拡大防止対策で要請した。要請では(1)CSFの発生原因、感染経路の解明(2)ワクチンの必要量の確保(3)獣医師の確保(4)発生農場の経営再建に向けた支援(5)風評被害防止対策の5...
More

◆トレンド

外食アワード2019の表彰式、叙々苑の新井会長は感謝表す

外食アワード2019の表彰式、叙々苑の新井会長は感謝表す

 外食産業関連で弊社も加盟する外食産業記者会は22日、既報でも触れた「外食アワード2019」(特別協賛=焼肉ビジネスフェア事務局、居酒屋JAPAN事務局)の表彰式を、東京・豊島区で開催された焼肉ビジネスフェア・居酒屋JAPAN2020東京会...
More

◆国内外の団体

東京食肉市場関係団体合同の新年懇親会、約300人が新年祝う

東京食肉市場関係団体合同の新年懇親会、約300人が新年祝う

 一般(社)東京食肉市場協会(小川一夫会長)など東京食肉市場関係団体は22日、東京・千代田区の東京會舘に約300人の関係者を集め、合同で新年懇親会を開催した。 はじめに協会役員が登壇して紹介された後、主催者を代表して小川会長があいさつ。小川...
More

◆製品

More
Return Top