食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

牛マルキン7月、肉専は5県で交付、乳用種は3万1,702.1円/頭

 農畜産業振興機構は10日、肉用牛肥育経営安定交付金(牛マルキン)7月分について、標準的販売価格および標準的生産費、交付金単価を公表した。
 7月は肉専用種(2以上の都道府県の区域、旧事業での名称で地域算定県に取り組んでいない県)、交雑種で交付金はなく、乳用種は交付となり、交付金単価(概算払い)は3万1,702.1円/頭となった。なお、確定値は11月上旬に公表する予定。
 肉専用種(2以上の都道府県の区域)は販売価格が生産費を10万5,427円、交雑種は販売価格が生産費を3,597円上回って推移しているため、交付金は交付しない。

◆行政・統計

第8回畜産部会、家畜改良増殖目標の検討状況を報告

第8回畜産部会、家畜改良増殖目標の検討状況を報告

 第8回食料・農業・農村政策審議会畜産部会が18日、省内で開かれ、新たな家畜改良増殖目標(第11次)の検討状況が報告された。 家畜改良増殖目標の検討に際して肉用牛については現状の環境と課題が(1)和牛の脂肪交雑の改良は一定レベルまで到達する...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top