食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

台風19号被害状況、農業用施設938箇所で被災、家畜の溺死なども

 16日午前6時現在の内閣府による台風第19号に関する被害状況によると、農地・農業用施設関係は農地630箇所、農業用施設938カ所で被災し、牛、豚、鶏の溺死、停電による熱死、感電死の被害があった。那珂(なか)川に近い那珂市、常陸大宮市の肉用牛の飼育にも影響の可能性がある。
 農水省の対応としてはプッシュ型食料物資支援の調整のため、内閣府防災へ職員を派遣するとともに、生産局園芸作物課長が埼玉県で、水産庁漁港漁場整備部長が千葉県で現地調査している。
 停電戸数は約1万2,240戸で、長野県約6,500戸、千葉県約2,200戸、神奈川県約1,200戸。停電の主な原因は、暴風雨での倒木・飛来物等による配電設備の故障によるものとなっている。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top