食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

神戸ビーフがDNA鑑定に対応、肉片保管・管理体制構築

 世界的和牛ブランド「神戸ビーフ」のブランド管理・運営を行う神戸肉流通推進協議会(森紘一会長)は10月1日と畜分から、偽装対策として枝肉の肉片をDNA鑑定用に採取、乾燥保管している。
 姫路市の和牛マスター食肉センター(姫路市食肉地方卸売市場)内の㈱兵庫食品科学研究所で肉片と鼻紋などの情報を5年間保管し、偽装などの疑いが生じた場合にDNA鑑定を実施できる体制を取るもの。
 飲食店や食肉専門店など、流通している神戸ビーフの肉片サンプルを採取し、DNAによる照合を行うため、末端販売の不正に対応できる。

◆行政・統計

豚熱対策は飼養衛生管理と早期通報の徹底が重要—野上農相

豚熱対策は飼養衛生管理と早期通報の徹底が重要—野上農相

 野上浩太郎農水大臣は、20日の閣議後会見で、豚熱発生の要因や対策などについて問われ「まずは、まん延防止の観点から迅速かつ適切な防疫措置に向け、現在栃木県と連携を密にして、国の職員らのリエゾン(連絡員)や防疫作業員としての派遣、資機材の供給...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top