食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

台風19号で一部の食肉市場施設に浸水、物流や生産への被害も

 東日本を中心に甚大な被害をもたらした台風19号。本紙では、食肉流通関係の被害と影響について15日、きき取りを行った。市場関係では、群馬県食肉卸売市場で河川の氾濫(はんらん)により牛の内臓処理施設が冠水したため、15日は当初6頭予定していた牛のと畜を中止し、施設の清掃・消毒などを行った。復旧作業は同日中に完了し、16日からと畜を再開する見込み。と畜中止は1日にとどまり、予定していた頭数も6頭と少なかったこともあり、影響は軽微。また、福島県食肉流通センターでは、センターに近接して運営する小売直営店が浸水し、今月中は営業がむずかしい状況。宇都宮市食肉地方卸売市場でも、一部施設に被害が出たもよう。そのほか、東京、埼玉などの市場等で大きな施設の被害は出ていないようだ。
 また、物流でも道路の遮断や一部運送会社の施設の被災などで影響が出ている。台風に伴う量販店の計画休業などを含め流通への影響も大きかった。生産者では、茨城や長野などで一部土砂崩れによる畜舎の破損、停電等による肥育への影響がでているようだ。

◆行政・統計

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

 財務省貿易統計によると、5月の国産牛肉輸出量は50万8,278kg(前年同月比9.2%減)と、前年同月を下回った。前月比でも2.9%減少。 輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみると香港が最も多く、11万1,640kg。次いで台湾、米国...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが商品規格変更および価格改定を発表

日本ハムが商品規格変更および価格改定を発表

 日本ハムは1日、商品規格変更および価格改定を発表。2022年10月1日から一部商品の規格変更および納品価格改定を実施する。 同社はことし2月1日から、ハム・ソーセージや加工食品など家庭向け商品、業務用商品、冷凍食品の一部において商品規格変...
More
Return Top