食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

和牛遺伝資源の知財部会、知的財産法制を参考に新たな仕組み検討

 農水省は25日、都内で「和牛遺伝資源の知的財産的価値の保護強化に関する専門部会」(第1回)を開催した。部会は先ごろ、和牛の受精卵が輸出検査を受けずに中国に持ち出されて中国当局で輸入不可として取り扱われたことを受けて、和牛遺伝資源の知的財産的価値の保護強化のための方策を検討することを目的としている。
 検討事項は、不正競争防止法に基づく「限定提供データ」の保護の方法も参考として、家畜遺伝資源の不正取得などに対する適切な救済の可能性について(1)保護客体・対象の範囲の考え方(2)違法行為類型③救済措置の内容を中心に検討するとしている。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top