食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

兵庫県畜産共進会の名誉賞に中井崇泰さん、太田克典さん

 第101回兵庫県畜産共進会(主催=全国農業協同組合兵庫県本部)が24日、兵庫県養父市の但馬家畜市場で開催された。このうち種牛の部の名誉賞・農林水産省大臣賞には美方郡の中井崇泰さん出品の雌牛を、肉牛の部には養父市の太田克典さん出品の去勢牛を選出した。太田さんの選出は2年連続。過去3連覇を含む6度目の受賞となった。
 明治42年に初開催され、全国でも珍しい生体審査が行われる年に1回の但馬牛の最高峰の共進会。種牛の部には雌43頭、肉牛の部には雌14頭、去勢45頭の計59頭が出品された。審査後には臨時せりが開催され、多くの但馬牛が高値で落札される中、太田さん出品の肉牛の部の名誉賞牛は、神戸市の老舗ステーキハウス(株)モーリヤ(森谷寛社長)が1頭あたり1千万1千円で落札。会場は大きな拍手に包まれた。また、団体優勝は種牛の部がJAたじま(6年連続)、準優勝がJA淡路日の出(5年連続)。肉牛の部がJAたじま(2年連続)、準優勝がJA丹波ささやまだった。褒賞贈呈式では、JA全農兵庫運営委員会会長で同共進会の森紘一会長が「本共進会は今日まで、多くの先人たち関係者の皆さまのご尽力により、兵庫県のみならず、わが国の和牛の改良と生産振興に貢献してきた輝かしい歴史と伝統ある行事であり、今後も日本の和牛をけん引していく中で重要な大会であると考えている。世界が認める神戸ビーフを守り、生産振興に取り組んでいく」とあいさつ。

◆行政・統計

三重県、鈴木知事が野上大臣に家畜伝染病防疫対策の支援等要請

三重県、鈴木知事が野上大臣に家畜伝染病防疫対策の支援等要請

 三重県の鈴木英敬知事は21日、今年度補正予算での対応も含め、令和4年度の当初予算編成にあたって概算要求が確実に行われるよう「国への提言・提案」を野上浩太郎農水大臣に提出した。農水省に「農林水産物の販売促進や消費拡大、販路の多様化、輸出の回...
More

◆トレンド

令和3年度7〜9月期の配合飼料価格は4,700円値上げ

令和3年度7〜9月期の配合飼料価格は4,700円値上げ

 全国農業協同組合連合会(JA全農)は、令和3年7〜9月期の配合飼料供給価格について、同年4〜6月期に対して全国全畜種総平均1tあたり4,700円値上げすることを決定した。改定額は地域別・畜種別・銘柄別に異なる。 全農による飼料情勢および値...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top